ライフ

【魚の目・イボ】角質取りゾーリンゲンペディーは最高だった!【使い方は簡単】

ゾーリンゲンペディーケース

どうも、シンガ(@shinga_777)です。

魚の目ってとても痛いんですよね。

僕もかなり前からなっていて、芯がもはやどこまで深いのかわからないくらいの状態です。

皮膚科で一度見てもらったのですが、深すぎるためか医者もよく分かっていなかったようです(ヤブかもしれませんが)

魚の目はイボと同じようなものなので、芯の部分と周囲が角質化してきます。

悪化してくると足裏の角質化した部分が立っているだけで痛くなってきます。

そのうち芯を取る手術でもとは考えていますが、今は仕事もありますので保護パッドやスピール膏などで対処していました。

けど、Amazonで魚の目・角質削りのカミソリを知って速攻購入しましたら、これがスゲェ!ってなっちゃいましたよ。

医者が使っていたのはこれだったんですねw

ゾーリンゲンペディー魚の目・角質削り

ゾーリンゲンペディー

いろいろと同じような商品はありますが、評価が良かったのと決め手はドイツのゾーリンゲン(solingen)製です。

ゾーリンゲンはドイツの都市ですが、刃物の街で理髪用品や手術用ナイフなどまで製造しているので有名です。

ゾーリンゲンペディーは日本では松吉医科器械株式会社というところが販売しています。

僕が購入したのは柄の付いたカミソリと替刃10枚のセットです。

ゾーリンゲンペディーの使い方はとっても簡単!

ゾーリンゲンペディー刃部分赤く丸したところがカンナ(鉋)のようになっていて、撫でるように擦ると鰹節を削るかのように薄く削いでいけます。

屑が出ますので、ティッシュや新聞など何かの上で行いましょう。

面白いほどに削げますが、角質化部分を全部取るなどやりすぎると血が出ますのでほどほどにしておきましょう。

薄くしか削れませんので角質化しているところで、いきなり血が出ることは無いと思いますよ。

ゾーリンゲンペディーを使った感想は最高!

魚の目の芯部分まで削るのは無理でしょうが、周囲の角質化した部分を程よく削れてとても楽になりました。

今までスピール膏やカッターナイフやハサミで何とかしていたものが、こんな爪を切るかのように楽に取れるなんて感激しましたよ。

刃物なので取扱には気をつけなければなりませんが、なかなか怪我などしないように工夫して作られています。

形状は違いますが皮膚科で削ってくれていたのは、あれもカミソリだったんですね。

踵などの角質化にも有効ですよ。

まとめ

今まで何で知らなかったんだろうと悔やむほどに良い品です。

タコや魚の目も浅いものならゾーリンゲンペディーと市販薬で治りそうな気もします(病院行くのが一番ですよ)

魚の目・タコ・イボになりやすいかどうかは体質でしょうから、僕みたいになりやすい体質の人はずっと付き合わなければいけません。

この角質削りのゾーリンゲンペディーは今後ものすごく助けになってくれると思います。

いやほんと、出会えてよかった。

おわり