PC関連

【おすすめ】ブログ・PC初心者向けノートパソコン購入への選び方【2020年版】

ノートパソコン 購入 ブログ

どうも、シンガ(@shinga_777)です。

先日ブログを書いてみたいって部下が言っていて。

 

パソコンって何がいいんですか?やっぱりマックですか?

 

てなことを聞いてきたので、初心者だとブログの書き方とか以前に「そこか!」と感じました。

 

僕の部下のような初心者が聞いてくる「ブログも書けて、動画も見れて、ネットもできる」なんてのは市販の現行機パソコンならば、サクサクかは別にして全てできます。

なので、極論を言えば「どれでもいい」となるのです。

 

でも、おそらくは部下もそうでしょうが聞きたいのは「コスパいいノートパソコンはどれよ?」もしくは「おすすめノートパソコンはどれよ?」って事ですよね。

 

今回はパソコン初心者の方に向けて、抑えておきたいスペックとおすすめをご紹介したいと思います。

僕の結論から先に言いますと「使ううちに重い処理のこともしたくなったり、もっさりが気になるからソコソコのを買え」です。

パソコンは値段で買うよりも、用途で選択したほうが良いです。

在宅ワークも増えてきましたしね。

 

「古いノートパソコンならあるけど?」

って方は、Windows7が2020年1月14日で延長サポートが終了しましたので、セキュリティ面の都合でWindows10に更新するか、買い替えを検討しましょう。

 

本格的にゲームをしたい方は今回参考にはなりませんので、ゲーミングPCを購入してください。

参考:AmazonゲーミングPC

WindowsとMacどっちがいい?

ブログ・PC初心者向けノートパソコン購入への選び方 IOSとWindows

部下が聞いてきた「マック?」てのがまずよく聞かれるところです。

Macの使いやすさやOSの安定性、操作性はプロの方々で使っている人が多いように優れていると言われています(個人所有のiOSはiPadでしか使ったことありません)

 

スマホのiPhoneかAndroidかの違いのようなものですね。

 

iOSとAndroidが以前ほどの差が無くなってきているのと同じように、Windowsも7以降はかなり安定してきたと思います。

操作も慣れの部分が大きいですしね。

僕は最初に触ったのがWindowsだったのもあり、ずっとWindowsです。

 

同じスペックならばWindowsパソコンの方が価格は安いものが多いです。

ただしMacBookなどのApple製品は値崩れが少なく下取りや売却時に高値で売りやすいかも。

 

Apple Storeでは期間限定で24回払いまで金利無しとかもやっているので

 

「いやもう、かっちょいいからMacBookでいいわw」

 

って方は公式で買うのも良いかと思いますw

Macだと日常では十分な機能を備えた機種しか無いからそれほど迷うこともないかな。

公式:Apple Store

 

Amazonとか楽天でも買えるので、ポイントとか貯まってる方はこちらもいいかも。

ストレージはSSD、メモリは8GB以上がおすすめ

SSD

ストレージというのは、データを永続的に記憶する外部記憶装置のことです。

 

  • 磁気ディスク:ハードディスク(HDD)
  • 光学ディスク:CD・DVD・Blu-ray Disc等
  • フラッシュメモリ記憶装置:USBメモリ・SD等のメモリカード・SSD・eMMC等

 

「外部記憶装置って内部もあるの?」ってなりそうですが、半導体素子等でデータの記憶を行う主記憶装置(メインメモリ)ってのがあります。

 

RAM容量8GBとか書かれているのがメインメモリです。

他にはCPU(パソコンの頭脳)の中にあるキャッシュメモリというのもあります。

 

CPUは後ほどとして、パソコンで現在の主流はHDD・SSD・eMMCです。

それぞれの特徴は

メリットデメリット
HDD容量に対して安い処理が遅い
SSD処理が早い容量に対して高い
eMMC安く、処理も早め容量が少ない

 

以前はHDDが主流でしたが、現在は処理が早く価格も熟れてきたためSSDも増えてきました。

 

安価なノートパソコンやタブレットにはeMMCが搭載されるケースも多いですね。

ただ、eMMCはほとんどが32GBもしくは64GBと容量が非常に少なく、Windows10の場合は32GBだとOSの大型アップデートでは容量が足りません

なのでWindows10だと64GBは必要です。

 

eMMC搭載パソコンはそんな弱点をカバーするために、補助でSDカードのスロットも用意されていることも多いので用途次第では有りかと。

 

個人的にはHDDよりは最低256GB以上のSSD搭載モデルをおすすめします。

 

HDDは安いですが、SSDだと起動も早く一度使うとHDDには戻れないくらいに速度が違います。

もう、CPUの遅さやメインメモリの少なさも若干カバーして体感速くさせるくらいの勢い。

 

容量の割には少々お値段は張りますが、値段なりの価値はありますのでSSDにしておきましょう。

※SSDも最近はM.2 SSDの採用が増えてきています。簡単に言うとより速くなっていますよ。

参考:Wikipedia M.2

 

Windows10ならメインメモリは最低でも8GBは欲しいです。

 

CPUはCore i5以上が捗る

ブログ・PC初心者向けノートパソコン購入への選び方 CPU

CPUが全てではないですが、サクサクを求めるならCore i5以上にしておけば安心です。

簡単な用途ではCore i3でも十分サクサクです。

 

Core i3以下になると本体価格が安いものが多いですが、用途次第ではサクサクとまではいかないケースも出てきます。

 

インテル製CPUだと

  1. Xeon
  2. Core i9
  3. Core i7
  4. Core i5
  5. Core i3
  6. Core M
  7. Pentium
  8. Celeron
  9. Atom

この順の性能差になります。

 

個人向け高性能でゲーム用途もカバーできるCore i3~i7までが上位モデルで、採用しているノートパソコンの価格はだいたい5万円以上はします。

それ以下がタブレットや5万円以下の安価なパソコンによく搭載されているCPUです。

 

Atomあたりだと構成や環境にもよりますが、ブラウザを起動するといったことでもモッサリすることがあります(ド○キ・ホーテのノートPCとか相当地雷ですw)

 

AMD製CPUのRyzenシリーズもコスパは多少良いですね(同じコア数ならインテルと大して変わりませんが)

性能比較はおおよそインテル製CPUのCore iシリーズのナンバーと同じ程度と思ってください。

 

ディスプレイは大きさと液晶パネル方式を決めておこう

ディスプレイ

ディスプレイの大きさと液晶パネル(TFT液晶)には注意です。

 

  • TN(Twisted Nematic)方式 応答速度やや早いが視野角狭い。発色やや悪いが価格は安い。
  • VA(Vertical Alignment)方式 応答速度早いが視野角やや狭い。TNよりコントラスト高い。価格は並。
  • IPS(In-Plane-Switching)方式 応答速度やや遅いが視野角広い。発色良く価格は高い。

 

という方式があり、それぞれ特徴があるのですがよく分からなければ視野角の広いIPSを選んでおきましょう。

 

  • 有機EL(OLED)方式

 

というのもありますが、まだまだ高価です。

 

大きさは持ち運ぶなら14インチ辺りまでが良いかと思います。

個人的にはB5サイズの13インチ前後がいいかな。

 

最近のノートパソコンは軽いものが多いので15インチ以上でも持ち歩けないことは無いですが、サイズは大きいですからね。

 

5万円以下ノートパソコンおすすめ

5万円以下でも用途を絞れば快適に使えるものはあります。

ただし、相応のモッサリはコスパとの相殺で飲み込みましょうw

 

ブログ書いたり、自宅のベッドでごろ寝しながらネットサーフィンとかなら最適かも。

 

Lenovo ノートパソコン Chromebook S330

Windowsではなく、ChromeOSという割り切った選択ならeMMC 32GBでも有りかと。

 

メインのPCを持っているとサブ機という印象だけど、ブログなども含めたブラウジングと動画視聴ならこれでもいいかもしれません。

台湾のメーカーMediaTek MT8173CというインテルならCeleronあたりかなくらいのCPUが採用されています。

 

LenovoだとThinkPad・ThinkBook・yoga・IdeaPadなど有名シリーズでもクーポン使用でお手頃価格があるので良いですね。

公式:Chromebook S330

ASUS Chromebook C403SA

こちらもChromeBookでCPUはCeleronです。

 

一部動かないアプリもあるようですが、AndroidのGoogle playが利用できるのはいいですね。

GLM 超軽量 薄型 PC ノートパソコン

 

GM-JAPAN(グローバル商事株式会社)というところのオリジナルパソコンGLMだそうです。

 

CPUは地雷のAtom Z8350ですが、SSD64GB、メインメモリ4GBでOffice2019?が付いてくるのは破格だからかAmazonベストセラー1位です。

 

ただ、2万差あるけどこっちのほうがいいなと思ったり。

公式:GMJ

中古PCを買う

中古なので外装の当たり外れなど割り切りは必要ですが、旧世代でも今の激安PCと比べると高スペックのPCが手に入ります。

 

もともと企業などで使用されていたものを清掃、ストレージなどを換装して販売しているものです。

セカンドPCとしてもいいですね。

 

AmazonだとワジュンPCあたりが評価高いですよ。

 

Amazon:ワジュンPC

5万円以上ノートパソコンおすすめ

パソコン購入 カフェ

 

5万円以上でも、ゲーミングPCでなければ10万円程度までで十分だと思います。

10万円以上出せるのであれば、お好みでMacBookの選択も良いかと思います。

 

テレワークも普及してきましたし、ノマドワーカーのようにカフェなどで作業する姿も浮かびますね(≧∇≦)b

 

今のおすすめはHP(ヒューレット パッカード)で、個人的に性能もサイズも丁度いいモデルが多いです。

 

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HP公式:数量限定!お得なキャンペーンモデルを特別価格で提供!

 

HP ENVY x360 13(スタンダードモデルアッシュブラック)

360度回転&タッチで省スペースでも使いやすいパソコンで、HPノートブックの人気モデル。

 

AMD Ryzen™ 採用。

大人な高級感あるスタイルが憧れるw

 

いまなら通常より23,300円お得でコスパ高し。

さらにOfficeの50%OFFセールやってますよ

公式:HP ENVY 13 x360

HP(ヒューレット パッカード)HP Pavilion 13-an1000

Pavilionはスタンダードモデル。

インテル® Core™ プロセッサーを搭載しています。

 

最新のWi-Fi 6(802.11ax)に対応しているのが嬉しい。

 

スタイルはオーソドックスだけど、リフトアップヒンジだったりベゼル(画面の縁)が狭いのでさらに小型化されていたりと細部にもこだわってますね。

SSDがPCIe M.2を採用していて、さらにインテル® Optane™ メモリー(SSD対応)搭載のプラスモデルもあってより早くなっています。

 

バッテリーも10時間30分と十分。

実際に直販モデルを置いている店に見に行きました。

かなりコスパ高し。

 

こちらもOfficeの50%OFFセールやってます。

公式:HP Pavilion 13

LENOVO ThinkPad E495

昔はIBMが発売していたThinkPad。

 

Lenovoにブランドが移ってからもしっかりと大事に進化し続けていますね。

E495はThinkPadらしい堅牢でスタイリッシュなボディと、Ryzenモデルらしいコスパを備えた機種です。

 

クーポン割引でめちゃお得になっています!

公式:ThinkPad E495

Surface Pro 7

ラップトップにもタブレットにもなるSurface Pro 7。

 

10万円超えちゃってるw

でも、その不足のない性能とスタイリッシュさに憧れるし、これ買っとけば間違いない感は強い。

 

しかも今なら公式でSurface Pro 7 本体 (Office Home & Business 2019:永続版 搭載モデル) と同時購入でタイプカバーおよびマウスやペン等のアクセサリ、Microsoft Complete (Surface 延長保証サービス)及びOffice 365 Solo (1 年間サブスクリプション) が最大で50%OFFになるお買い得セットをやってます。

 

個人的にはSurfaceシリーズならProで決まりだと思っています。

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

公式:【Microsoft Store 限定】Surface Pro 7 お得なまとめ買い

まとめ

冒頭でも書きましたが、パソコンはまず用途を考えて少し余裕のあるスペックを選んだ方が後悔は少ないかなと思います。

 

最初は購入したのが嬉しくて気になりませんが、使っているうちにモッサリするのが気になり出すと、途端に使用するのが億劫になります。

それだとブログなどの作業にも影響してきますし、買い直せばまたお金がかかってしまうのでもったいないですね。

 

最近のスマホもそうですが、パソコンもよほどのヘビーユーザーでもなければ、以前ほどの短い買い換えサイクルの商品では無くなってきました。

安いのを短期間で変更するか高めのスペックで少し長持ちさせるかは好みになりますが、僕は後者をおすすめします。

 

値段優先で購入すると、ほんとゴミを引くこともあるので注意してくださいね。

 

購入したらブログ書いたり、仕事に活用して稼いじゃいましょうw

おわり