こんなものを買った

【安い!】激安ワイヤレスイヤホン「Intkoot Q36 TWS」Amazonで購入したのでレビュー!

Intkoot Q36 TWS

どうも、シンガ(@shinga_777)です。

ワイヤレスイヤホンもどんどん進化して、中華製も増えてきて価格もこなれてきました。

今までもお気に入りのイヤホンをしていましたけど、ワイヤレスで使うのを試してみたい。

というわけで「Intkoot」という聞き慣れないおそらく中華製のBluetooth5.0のワイヤレスイヤホンを購入しました。

複数あったワイヤレスイヤホンの中からかなり安めのこちら「Q36 TWS」に決めました。

中華のレビューはもはや何のあてにもならず、決め手は価格です。

安物買いの銭失いになるかもしれませんがw

ワイヤレスイヤホン初なのでお試し感で結構安易に決めましたが、これがけっこう悪くはない。

そんなわけでこの記事は激安中華ワイヤレスイヤホン「Intkoot Q36 TWS」をご紹介します。

Intkoot Q36 TWS

Intkoot Bluetooth イヤホン ワイヤレス イヤホン内容

「Intkoot」はメーカー名で「Q36 TWS」は型番です。

おそらく型番がそのまま商品名のようです。

「Intkoot」で調べると会社のホームページは出てきませんでしたが、アリババグループの中国に本拠地を置くオンラインショッピングサービス「AliExpress」内に「Intkootオフィシャルストア」がありました。

扱っている商品はすべてイヤホン・ヘッドホンですね。

僕の買った「Q36 TWS」はAmazonで2000円程度と両耳用ではかなり安い部類です。

正直同じような商品が多いので迷っちゃいますけど、本当にいい音などクオリティを求める方は、きちんとしたメーカーのものを買いましょう。

「聞いて、話せればいい」

この最低限の要求だけならば、中華でも十分幸せになれますw

置き忘れても痛くない金額なので、旅行などにもいいですね。

Intkoot Q36 TWSの使用感

イヤホン

本体は軽めで、まあ普通に聞こえます。

通話もしましたが、マイク感度も良くて相手に確認もしましたが「普通に聞こえている」とのことでした。

音に関しては可もなく不可もなくといったところでしょうか、音楽を聞くと高音、低音ともにやや弱い感じがします。

僕は通話が主で音質は二の次なので気にしませんから「Q36 TWS」はお気軽に使えるのが最大のメリットです。

スマホとのペアリングもスムースにできました。

説明書も日本語で説明不足なところもありますが、十分に読めるレベルです。

充電ケースはモバイルバッテリーとなっており、2000mAhの容量でイヤホンは40回充電できるとあります。

充電ケースへの充電はmini USB type-bと中華製には未だよくある感じで、充電ケースからはUSB出力でスマホなどへ給電できます。

バッテリーがどんなもんかはわからないですけどw

まとめ

ケーブルのないワイヤレスイヤホンを使うのは初めてでしたが、耳が痛くなることもなかったです。

耳の本体で通話のオンオフもできますから、スマホを一切見ないで使用できました。

特に問題ないので、ひとまず壊れるまではこれを使おうと思います。

音楽は未だにSONYのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX31BN」を使用しています。

2000円程度で買えるので、コスパいいと言えばいいかな。

「Intkoot Q36 TWS」いつ壊れるかは分かりませんが、早々に壊れたら追記でご報告しますw

おわり

【2019年】Amazonブラックフライデー開催!おすすめセール品!【まとめ】どうも、シンガ(@shinga_777)です。 いよいよAmazon.co.jpで「Black Friday」が行われています。...
【ソニー】ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BNをamazonで3度目の購入どうも、シンガ(@shinga_777)です。 僕はかれこれ4年ほど同じイヤホンを使い続けています。 使い続けているのはSO...