雑記

【情弱】情報って多すぎて難しいから3つのマイルール

情報

どうも、シンガ(@shinga_777)です。

近頃情報というものについて、僕自身気をつけていることが3つあります。

僕が10代の頃はまだ携帯電話もなく、かろうじてポケベルがあったくらいです。

携帯電話が登場して生活に大きく変化は訪れましたが、情報の多くはテレビや雑誌などが主でした。

その後インターネットも普及し携帯電話(ガラケー)も進化して、天気やニュースなどはいち早く知ることができるようになりました。

でもインターネットはまだまだPCのものであり、一般的と言うにはまだまだ時間がかかります。

そしていよいよスマートフォンの登場とSNSの普及。

これにより情報はまさに手のひらにあり、情報のあり方も大きく変化してきました。

取り扱いを間違えれば大きく炎上します。

最近上司や部下と話していて思わされることもあったので、書いておこうっとw

あくまで僕の主観であり、専門家でもありませんので「こう思う人もいるのね」程度でお願いします。

1.情報の認識も更新

SNSの普及により情報は無数にあり変化し続けています。

自分の中にある情報が古いままだと、昨今いろいろと不都合が起きたりします。

最近で有名なところだと「直営業」での芸人たちの対応でしょうか。

そもそも後ろめたい事を行った場合、自己完結するなら表沙汰になることも無いかもしれませんが、他人が関わる場合は必ずしもそうではありません。

彼らの失敗はもちろん「直営業」へ行ったことですが、結果長引いて悪化したのは「真相を隠したこと」で「正直では無かったこと」です。

もしこれがネットの無い時代だったら、ここまで炎上することもなく情報は刷新されて古い情報はどんどん見えなくなり、うやむやにグレーのまま逃げ切れたかもしれません。

それ以前に一部の芸能界と闇社会や政界への繋がりは暗黙の了解のようでもありましたが。。。

でも今はいつまでも情報が残るし、他人が関わった場合どこでどのように発覚するか分かりません。

彼らの隠蔽体質はうやむやにグレーで逃げ切れるかのような世間に対する古いままの認識をもとに形成されており、先々の展開予想が外れたということでしょう。

まあ認識以前に誰かが認めれば芋づるなのに隠したのは頭悪すぎですがw

反対に俳優H氏は自らの性癖も含め全てを告白しました。

もちろん反社会的勢力とプライベートの問題を同じにすることはできませんが、世間への対応としては自らの根本を反省し、それに対する禊や償いも明確に話し謝罪会見でほぼ完結しました。

ご家族をはじめ傷つけた方もいらっしゃるでしょうから、内々での解決をされたのかは分かりませんが、世間的には許された形になるのかなと思います。

そもそものご自身の注目度やその後のニュースなどで風化するのが早かったのはあるでしょうが、業界内でも元々ご自身の評判が良かったのもあり仕事も増えているようですね。

自虐ネタに昇華するくらいの勢いですw

今や有名になれば「正直が強い」ということなのでしょうか。

他にも今となっては「なんで根拠のないことを信じてたんだろう?」ってこともままありますw

会社の上司なども変化に気づいておらず、15年前だったらそうだったかもなってことを平気で言ってきますしねw

2.情報の多くは参考程度に

情報でもネットでの情報は参考程度にとどめておいたほうがいいものが多いです。

専門的で裏付けのある人やサイト、企業などはほぼ真実でしょうが、それ以外のマスコミや個人の情報は先走って広めるようなことはしないほうが賢明ですw

実際には事実と違う話をリツイートしても名誉毀損になったりするらしいですし、最近ではマスコミが悪意を持ってか切り取った有名人の言葉などが、実際には全文を知れば意味合いが全く違っていたりとか。

気をつけたいですね。

早とちりは誰しもあるので、僕も人のことは言えないんですけどw

あと情報商材屋のような情弱狙いのものも気をつけたほうがいいですね。

Twitterなどでも、実績がよく分らないのにやたら前向きで聞こえの良いことばかりつぶやいてる人や自己紹介に絵文字を多用している人は信用していませんw

3.情報だけではなく、考えることが大事

今は情報過多で調べれば何でも出てくる分、考えることをしない場面が増えてきています。

僕も何かをするときでもやり方を調べてそのまま行うので、その場限りで覚えていないことも多いです。

カーナビに頼り切って、いつまでも道を覚えないようなw

これが脳に良いわけがないと思うのです。

便利になるのは大賛成なのですが、考える力が弱ってしまっては与えられる情報に浸かりっぱなしになってしまいます。

昔は雑誌とテレビに与えられるばかりの情報が、SNSとYouTubeに置き換わっただけでは与えられるばかりの受け身の情報という形に変わりありません。

考えないから上記1や2のようなことになります。

考えるということは、まずは自分を知る(気付く)ことだと思います。

現状に満足しない、自分の無知を知る、自ら情報を取りに行くなど、気づけばいくらでも考えて行動に移せます。

僕がブログを始めたのも筋トレしてるのも、現状に満足できず、知識も知恵もなく、体力も無い駄目な自分を知って気付いたからです。

まだまだ足りない知識と知恵で駄文を書き連ねましたが、これからも情報とうまく付き合って考えていきたいと思っています。

 

って、真面目かっ!w

 

おわり