PC関連

ゲーム動画を見て購入「Cities:Skylines」にハマる

どうも、シンガ(@shinga_777)です。

久々にゲームにハマっています。

そのゲームは「Cities:Skylines」

うん、今更なんだw

と言うのも僕のお気に入りYouTuberのヨシダヨシオさん(チャンネル登録者数 46.7万人)が以前から唯一やっているゲームと言っていて、最近放置されていたゲーム実況チャンネルも再び始めたんですね。

それを見ていて、もともとシミュレーションゲーム好きなのでポチってしまいましたw

でも46万人いれば、これはまた急に売れだしてるんじゃないかと思う。

あともうひとつ、昨年RX570をなんとなく買ってから全く活用していなかったので「Cities:Skylines」なら余裕で遊べるかと。

MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G グラフィックスボード
【コスパ最高】グラフィックボードMSI Radeon RX570を購入した件【おすすめ】どうも、シンガ(@shinga_777)です。 前々からAmazonの欲しい物リストに入れていたグラフィックボードMSI Rade...

というわけで、もちろん「Steam」のPC版を買いました。

Cities:Skylines

PS4とSwitchでも出ているので、その存在は知っていましたけどPC版がある場合はPC版が何かと一番いいのはどのゲームでも大体そうです。

ただしPC版はPCのスペックが推奨動作環境を満たしていないと動かなかったり不具合が起こりますので注意。

詳しくは→Cities:Skylines攻略情報wiki 要求スペック 動作報告

 

引用:Steam

リリースはもう5年前、PS4などでも2年前の発売。

Switch版は本体スペックの低さから相当動きが重くなるそうです。

拡張パックは2019年もリリースされ続けていますね。

Steamでは頻繁にセールがあるようで、基本のバージョン(バニラ版)で

定価2,980円→セール価格745

になるそうなので、待つのであればその時を狙いましょう。

僕は我慢できずに定価で買いましたw

拡張パックもセールになるので狙い目ですね。

ゲーム内容は「シムシティ」のように市長になって街を発展するゲームです。

都市開発シミュレーションゲームなら同じようになりますけど「Cities:Skylines」はよくできていて非常に人気は高いです。

Cities: Skylinesゲーム画面

Wikipediaによると

Cities: Skylines は一人用の明確なゴールがないタイプの都市開発シミュレーションゲームである。

引用:Wikipedia

クリアとゲームオーバー条件のあるシナリオモードもありますが、基本は一人用の明確な終わりがないタイプ?

これは!

 

GIOGIO ディアボロ

動作

僕のPCは

  • CPU Core i5-8400
  • 実装RAM 16GB
  • ビデオカードRadeon RX570 8GB

という、特に高スペックでもないものです。

もともとゲームをするつもりもなく買ったのですが、ビデオカードのおかげでそこそこのゲームなら動きます。

「Cities:Skylines」も町が発展してくると、どんどん重くなってくるのですがそんなこともなくサクサク動いています(快適!)

ゲーム目的でない人は、僕と同じく大体この辺りの無難かつコスパ寄りなスペックを購入するかと思いますが、ビデオカード差し込めばこれくらいなら余裕で遊べますよ。

【BTOもおすすめ】デスクトップパソコンの寿命が来たので、パソコン工房の通販で購入!どうも、シンガ(@shinga_777)です。 寿命がきたのか、何かと異音やらの不調が出てきたので8年ぶりにデスクトップパソコンを...

まとめ

仕事で家に居らずなかなか出来ませんでしたが、やりだすと数時間は時間泥棒に遭ってしまいますw

ダウンロードコンテンツ(DLC)は災害の起きる「Natural Disasters」だけ、これも我慢できずにポチりました。

セールなら半額ですw

でもまあ、やりたい時にやるほうが幸せですしね。

基本のバージョン(バニラ版)だけでも十分楽しめる出来なのは、日本でたまに見るDLCありきの作り込みの弱さというのは微塵も感じられないです。

これまでも長く遊ばれていますが、今後もさらに長く遊べるゲームなので興味のある人はぜひセールで買いましょうw

そろそろ新しいマウスが欲しい。

おわり