ライフ

【クーラー病】僕の自律神経が乱れた時に行っている緊急対策4つの方法

どうも、シンガ(@shinga_777)です。

夏場のエアコンによるクーラー病か、ストレスと疲労が溜まっていたせいか、自律神経が乱れて久しぶりに耳管が開放しました。

併せて喋りづらい鼻と喉の症状も出ています。

【耳管開放症】めまいと不快感に悩んだ20年の体験談と現在の状態どうも、シンガ(@shinga_777)です。 もう12年ほど前になりますが、僕は耳管開放症という耳の病気になりました。 正...

こうなってくると、自分の意志ではどうにもできないので何らかの方法で対処をします。

僕が成長したのは、以前は症状が出ても苦しんでいただけでしたが、今では「さて、どうしようか」と早期に改善できるように対処するようになりました。

今記事では、僕の症状が出たときの緊急の対処方法をご紹介します。

対処その1 自律神経の乱れを改善する

円皮鍼

ストレスや疲労、クーラー病でおかしくなるのは自律神経です。

耳管開放症もクーラー病(冷房病)で身体を冷やしても交感神経が働きすぎてしまう傾向があります。

普段は筋トレもやっていてポジティブになっているはずが

  1. ストレス(疲労)やクーラー病などでの変調
  2. 自律神経が乱れる
  3. 耳管が開放し、鼻や喉にも不快感が出だす
  4. 耳閉感・自声強調・自己呼吸音聴取が起きる
  5. 不快なので精神的に滅入る

この順でまいってきます。

なので2の時点で改善してやれば自然と治まってきます。

脳に近い部分はやはり相当に不快や痛みは強く、心のダメージになるのが早い気がします。

僕の場合は頭がズーンと重いような感覚になり、気が滅入るので人の相手をするのが億劫になり、顔も硬直してきます。

なので早く治めたい。

僕が行っているのは円皮鍼で、交感神経の働きすぎを抑えるツボを刺激します。

最初はチクっとするのと、ツボを刺激する痛みがありますがだんだんと痛みが和らぐに連れ気分も落ち着いてきます。

いつもこちらのブログを参考にさせてもらっています。

円皮鍼もこちらのブログで知りました。

心と身体のツボ

対処その2 リラックスする

リラックス

交感神経が優位になっていますので、上記のツボ刺激と併せてマッサージをしています。

3Dマッサージロールで、背中を主にマッサージしていきます。

また、中山式快癒器で首の付根下(両肩の間)を押します。

僕は交感神経が過剰に働くと、ここが張っていることが多いため中山式でグリグリします。

ドクターエア 3Dマッサージロール 腰痛 効果
【ドクターエア】 3Dマッサージロールで筋膜リリース!効果と感想!【腰痛等】どうも、シンガ(@shinga_777)です。 肩はあまり凝らない方ですが、背中の張りや腰痛や足のむくみとダルさによく見舞われるの...
【ストレス解消】マッサージにおすすめの僕が実際に使っている3つの機器どうも、シンガ(@shinga_777)です。 疲れの溜まりやすいお年頃というのもありますが、僕はマッサージが大好きです。 ...

リラックスしてマッサージする時には音楽もかけますよ。

公式:Amazon prime music

 

この対処その1~2のコンボが効く!

 

ここまでで、ほぼ正常に戻る方向に向かっています。

対処その3 鼻うがいもしよう

鼻うがい

耳管が閉じているのを見計らって、鼻うがいをします。

鼻うがいは毎日していますが、症状が出ると鼻にも影響が出ていますので必ず行います。

普段より多い量片側で300mlなど、鼻の不調を感じたときはしっかりとやるようにしています。

器具はいろいろと売っていますが、メンテナンスが微妙だったりするのでシンプルな安いので十分かと。

僕が使ってるのは海外製のノーズシャワー。

容器が300mlなので、サーレMPで3gのを使っています。

価格も60包より180包、長く使うなら多いのがお得です。

対処その4 寝る

厚めの布団で寝る

よく寝るに越したことはありませんし、最低でも6時間以上は寝たいですね。

注意はふりだしに戻りますが、クーラー病です。

エアコンの温度を上げて薄いタオルケットのようなもので寝るよりも、エアコンの温度はそこそこで、厚みのあるしっかりした布団で寝るほうが身体を冷やさないそうですね。

僕も今年は厚みのある掛け布団で寝ています。

エアコンの温度は人にも部屋にもよるのでなんとも言えませんが、僕は寝るときは27℃以下には設定しません。

自室は6畳と狭いですけどw

まとめ

めまい

耳管開放症はこじれると症状が長引きますので、何とか起こり始めで対処したいです。

回転性の目眩とかまでいくと、回復するのも少しかかります。

季節の変わり目や気圧の変化にも弱いですが、夏場だとクーラー病からの自律神経の乱れで、耳管開放の症状が出ることもあります。

とにかく自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスを良くしてやれば落ち着くことが多いので、お悩みの方は自己責任でお試しください。

よくわからない方は、病院でお医者さんに診察を受けてくださいね。

耳管開放症はうまく付き合っていきましょう。

おわり